TYC-Racing officialBlog

tycracing.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 04月 06日

東京湾最速ミニトン「隼スピリットⅡ」

今年も優勝候補の一角、浦安マリーナ所属の「隼スピリットⅡ」。(ブログ「sail hayabusa」)
高井理デザインのIOR1/8。現在はIRCを取得している。過去ミニトン全日本選手権でも優勝をしているスポーツボート。
a0169728_1002377.jpg

ハルはデビニセルのコアをダイニーマで包んだ頑強なサンドイッチ構造。船齢が20年を数えようとビクともしない。
a0169728_1018946.jpg

キール・ラダーは離水抵抗を極力押さえ、それ自体が揚力を発生させるエリプティカルデザイン。
a0169728_1025155.jpg

a0169728_1031022.jpg

オーナーのS藤氏は、あの「風見鶏」(TAKAI-42)のクルーとして世界を荒らし回ったベテラン。
レース中は近寄ってくる艇に対して顔を真っ赤にしながら『しもしも!』『だめだめ!入れないよ!』等といつも大声で怒鳴りまくっている。その姿はまさに「風見鶏」ならぬ「チャボ」。
それでも誰からも恨まれないのは人柄が大変フレンドリーで驕った所は微塵も感じさせないから。
実に誠実で腰の低い愉快な方だ。
また、ナショナルレースオフィサーとして東京湾のビックイベントとなった「スバルザカップ」を取り仕切っている。「Tokyo's Cup」 のレース委員長としても有名。

東京湾でミニトンクラスを熱くしている名物艇である。

  ↓↓↓  クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

◎コメントについて
ご質問やご要望、ご意見がありましたらお気軽にコメントをお寄せください(コメント欄に「非公開」のチェックを入れていただければ公開される事はありません)。
なお、当ブログはスパムコメントを防止するため認証制になっております。反映されるまでに多少お時間がかかりますのでご了承ください。

by TYC-racing | 2010-04-06 10:23 | 参加艇紹介


<< 浦安のhigh-perform...      これが日本に一艇!AC747 OD >>