TYC-Racing officialBlog

tycracing.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 04月 30日

優勝候補筆頭「Cavok」(YAMAHA-31S)

今年のレースクラスBで台風の目となっているのが、3月4月のレースを終わって両レースとも一位で総合トップに立っている「Cavok」。
聴きなれない言葉だが、気象用語で<雲がなく視程のいい状態>の事を言うらしい。
HP(http://www.cavok-japan.jp/profile.html)によれば
「ヨットレースも人生も視界の良い環境で楽しみたい」
そんな気持ちで命名したという。
a0169728_16272521.jpg

しっかりとビームの張ったフォームスタビリティが強く安定性の良さそうなシェイプ。
レーシングビブの後姿がボースンの ”モンキーM” 氏。
a0169728_11412747.jpg

オーナースキッパーのS氏、ボースンのM氏を始めメンバーは体育会ディンギー出身者で構成されている。
a0169728_11415068.jpg

レース主体のディンギー出身者がオーナーであれば、当然、艇は不要なものは取り払い極限まで軽量化されているのかと思えば意外や意外、全くのオリジナル状態。しかもこの31Sはアコモデーションの充実した31S-LTD。
a0169728_11483771.jpg

ロッカーもウッディーでお洒落な家具調である。
a0169728_1150487.jpg

レース後は録ったビデオを鑑賞しながらここで反省会を行うそうである。
a0169728_11521755.jpg

広く独立したヘッドルーム。マリントイレは電動。
a0169728_16282826.jpg

良く整備された2GM。
a0169728_11555527.jpg

コクピットはさすがレースを良く知っているレイアウトに艤装してある。
オリジナルでは片舷でしか引けなかったパーマネントバックステーも、両舷で引けるように振り分けられている。シートはもちろんダイニーマ。
a0169728_1159136.jpg

ハイクしながらでもバックステーの調節が出来る。
a0169728_1632315.jpg

メインシートもダイニーマ。
ファインチューニングはやはり両舷に振り分け、ポート、スターボー両サイドから自由に調整できる。
a0169728_1211813.jpg

各コントロールロープも全て色を変え一目で判るようになっている。
a0169728_1218418.jpg

オーナーのS氏の出身地の神社のお守りが祭ってある。お宮参りをしたお社だそうだ。
a0169728_12112993.jpg

産土神が守っていたのでは、これは強敵になる訳である。

  ↓↓↓  クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

by TYC-racing | 2010-04-30 12:14 | 参加艇紹介


<< SUBARU-ZA CUP Y...      レースクラスB最多優勝艇「ボン... >>