TYC-Racing officialBlog

tycracing.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 05月 31日

TYCの名物艇「義船」

今回は趣をガラリと変えてクルージング艇の王道を行くような船を紹介。
TYCメンバー艇の「義船」(FIRST42s7)である。
a0169728_9411248.jpg

このハル、実は2年前までは白だった。ところが或る日ハーバーを訪れると真っ赤になってバースに鎮座していた。その突然の変貌に皆が驚かされた。
a0169728_9472823.jpg

ハーバープロムナードから見ると、その色といい、大きさといい実に良く目立つ。
しかもスターンには金文字の毛書体で「義船」
a0169728_9515991.jpg

見知らぬ人は近寄りたくないと思う。
ところがオーナーのY氏は、天才的な刀鍛冶と言われ、伊勢神宮の御神刀を五振りも作刀している国際的に名の知れた刀匠を父に持つ。近寄りたくても近寄れないほどの血筋の方なのだ。
もちろんご本人も刀鍛冶を伝承している。

大体に於いて血筋のしっかりしている方と言うのは奢ったところが微塵も感じさせない。だから人が多く集まる。
「義船」の毎週末は浮かぶ社交場と化し、呑めや唄への大騒ぎ。誠に賑やかである。
そしてその夜はフローティングホテルとなっているのである。
それを物語るキャビンの冷蔵庫の中身。
a0169728_1094516.jpg

ついさっきまで誰かが寝ていたのだろう。まだ温もりさえも感じさせる乱雑なバース。
a0169728_10134520.jpg

広々としたキャビン。テーブルを下げてクッションをはめ込めばソファーと一体になり、小柄なら3人が寝られるベットに早変りする。
a0169728_10172759.jpg

シャワールームも2部屋あるので、いつでも身体の潮を洗い落とせる。
a0169728_10213565.jpg

シンクとギャレー。下手なマンションにあるのより大きいかもしれない。
a0169728_1023946.jpg

余りのクルージング仕様にデッキをすっかり忘れてしまったが、まぁ特にこれと言った艤装ではない。
この大きさにしてはトラベラーのテークルが少ない気がする。
a0169728_10253377.jpg

メインシートはマストステップまでリードしてそこからターンブロックを介してコクピットのウィンチで出し入れするシステム。素早くトリムするのは全く無理な感じがする。
a0169728_10281640.jpg

ハッキリ言ってクルージングボート。
ところがこの「義船」、一昨年は年間優勝を果たしているチャンピオンボート。
オーナーが造り出す銘刀の如く、ここぞと言う時にはスパッと切れ味鋭い走りをする。
TYCの名物艇である。

  ↓↓↓  クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

by TYC-racing | 2010-05-31 09:48 | 参加艇紹介


<< スバルザカップ2010 申し込み開始      「スバルザカップ2010」第1... >>