TYC-Racing officialBlog

tycracing.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 14日

TYC第8戦「セプテンバーレガッタ」レース参戦記byASTO

TYC第8戦「セプテンバーレガッタ」に参加したASTO艇から参戦記が届きました。
全体をよく見て冷静に状況を把握し判断している、お手本のようなレポートです。

◎2011年TYC第8戦 レース参戦記 by ASTO(JEANNEAU SF32)
a0169728_2122962.jpg

 スタートはアウターマーク寄り。下にZEPHYROS、目の前にステラ、上側に翔竜。
a0169728_21254610.jpg

本部船にリコール旗を確認するが、わが艇は自信を持ってそのままスタート。

各艇がタックを返す中、ASTOはフリートの一番左端を早稲丸と並走して一上へポートアプローチ。
トップ廻航を狙うが右からMalibu(Hanse31.5)が・・・こちらが若干有利か。
ぎりぎり下受けタックしてマーク内側で先行しよう、などなどコックピット会議をしていると、
「トップで廻っても本部船まだ来ていないし、誰もビデオ、写真撮ってくれないよっ」
とクルーの声。
この一言で ”ではマリブのうしろを廻ろう” ということで2番手廻航。レースタクティクスとは全く関係無いことで作戦が決まり、みんなが納得してしまうのがASTO。

そのあとはZEPHYROSと終始相手の声が聞こえる距離でのマッチレース。
a0169728_21231131.jpg

最終マークを辛うじてトップ廻航したものの、ジブシートがスピンポールに絡まる痛恨のミス。リカバリーの間にZEPHYROSにサッーと差を広げられ左に返された時点でマッチレースは勝負あり。
a0169728_21285666.jpg

逆転を狙って右海面へ伸ばしてさらに裏目に。
左海面で着実に艇速を伸ばしたステラ、早稲丸を加えた上位3艇の団子フィニッシュを横目でみて、”これはフリートレースだった”。 このごく当たり前の事に気がついても時すでに遅し。
a0169728_21292464.jpg

先行するマッチ2艇が右に行くのを見てきっとニヤリとしながら、冷静に左海面有利と判断して1位となったステラさん、さすがでした。
でも楽しいレース、ZEPHYROSさんありがとうございました。

それにしてもCクラスは大激戦。今回はリコール戻りで遅れをとったようですが前年度チャンピオンの会長艇TEAM10Jr、練習熱心でスタート抜群のイーグル1世、高速艇Fist One。
全艇が毎レース、虎視眈々とトップを狙っているのがこのクラス。
まったく気が抜けません。

さて次レースは、レティシァ・ドゥさんとコミティ担当、Cクラスに限らず全クラスの熱きバトルをゆっくり見学させていただきます。

TYC第9戦「オータムレガッタ」は10月16日(日)に行われます。 レース委員会


↓↓↓  クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

by TYC-Racing | 2011-09-14 21:35 | 参加艇紹介


<< ミニトン&スモールボート選手権...      TYC第8戦「セプテンバーレガ... >>