TYC-Racing officialBlog

tycracing.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 30日

stellaの初島Wハンドレースへの挑戦。

a0169728_21532339.jpg
TYC所属艇のStellaが初島Wハンドレースに参加しました。
以下がその挑戦記です。



◎初島Wハンドへの挑戦

たった二人で46マイルの距離を帆走る逗子・初島ダブルハンドレース。
今回で23回目を迎える伝統のレースだ。

レースを戦い終えた各艇にはそれぞれ必ずドラマがあり、それが故に帆走りきった後にはお互いに強い絆が生まれるという。
前々から一度は参加したいと願っていた。

今年28ftのスモールボートクラスに換えた事もあり、思い切ってエントリーをした。もちろん勝ちに行こうなどと大それた思いは微塵もなく、先ずは雰囲気だけでもと云うつもりだった。

各エントリー書類も揃え、特別規定の安全装備も設置し、6月18日に逗子マリーナで行われた艇長会議も無事に終えた。

いよいよWハンドへの挑戦が始まった。

回航は来年コンビを予定しているTと行った。もう25年以上の付き合いだ。Stellaではバウマンを務めている。
ただしTはディンギーでは全日本や国体にも出場してるベテランセイラーだが、外洋レースは一度も経験していない。しかも未だにうねりが激しいと酔ってリバースしてしまう。
二人きりの時にマグロになってしまってはどうにもならない。今回は助っ人にお願いして出場する。
Tには来年まで外洋経験を積んでもらう事にした。
先ずは手始めに逗子までの回航である。

レース前々日の6月23日、朝7時に夢の島を逗子に向け出港した。

東京灯標までは全く順調だった。

羽田沖に差し掛かった頃、いきなり10m/s近くの南が吹き出した。そしてこの海域特有のチョッピーな波。
それでも川崎シーバースを予定時間通りに通過。

左にベイブリッジが見え始めた頃には雨も降り始めた。風は益々上がり優に15m/s近くはある。
うねりが大きくなり、周期もだんだん狭まって波頭から飛ぶスプレーで目も開けられなくなった。
それでも怖いとか危険とかを感じる事は一切なかった。いや、むしろこの海況を楽しんでいる気にさえなっていた。
■まだ余裕のあるベイブリッジ沖


しかし観音崎を超えた途端、状況は一変した。一気にうねりが大きく盛り上がりだしたのだ。
その不穏さにT は
「今日地震でもあって津波が襲ってきたのかな」
などと真剣に訴えてきた。

■これがその時に撮ったビデオである。


そして今回の一番難所の三角波が発生する剣崎に差し掛かった。

波を乗り越えようとするとスターンが反対側に押され、ボトムは下から持ち上げられる。
不定期に襲ううねりと波。前だけではなく横や後ろから加わる、今まで感じたこともない恐ろしいほどの力。
そんな事起きるわけがないと分かっていても、キールが折れるのでは、ラダーが捥ぎれるのではなどと頭によぎる。

やっと城ケ島大橋が見えてきた時には思わず安堵のため息が出た。

そろそろ変針しようとバウを城ケ島大橋に向けた時である。辺りが真っ暗になるほどの巨大な波が真横から襲ってきた。
いきなり身体が吹っ飛ばされライフラインにぶら下がる状態になった。

とっさにTを見るとコクピットに留まっていた。
ほんの数秒なのにまるでスローモーションを見る様にゆっくり船体が起き上がってきた。
「怖くなかったか?」
Tに聞くと
「不思議とぜんぜん怖くなかったですよ。ただオイルスキンの間から海水が流れてきて冷たかった。」

■その剣崎に入った時のビデオ。風は40Kntオーバー。
Tが指を差したところで終っているが、これは巨大な波を見て思わず差していたのだ。


ここまでが限界だった。
そのまま三崎うらりに入港。レース当日まで繋留して直接スタート地点に向かう事にした。

こうして僕らのもう一つのWハンドは終了した。

そして、その後二日も吹き続けた強風のため初島ダブルハンドも開催されることはなかった。
a0169728_21435689.jpg



↓↓↓  クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

by tyc-racing | 2011-06-30 21:44 | 参加艇紹介
2011年 06月 26日

第三回スバルザカップ コース安全説明会

a0169728_1954271.gif

6月26日(日曜日)に夢の島マリーナで第三回スバルザカップのコース説明会が行なわれました。

今年は80艇という出場制限があった事やレースコースも海ほたる回航のみとなった事もあり、コース上の安全や航行方法、危険注意箇所、レースルール等を重点に置く座学のみとなりました。
それでも23名ほどの受講者となり、みなさん熱心に聞いておられました。

講義は、大会会長の小島正和より第三回スバルザカップレースの全体趣旨説明
a0169728_195269.jpg

大会副会長の斉藤晴彦のコース上に於ける安全注意事項
a0169728_1952351.jpg

最後にプロテスト副委員長の高橋 弘によるルール解説を行ないました。
a0169728_19533193.jpg


7月13日19:00より有楽町”スバル座”にて艇長会議を行います

スバルザカップレースに出場される艇は必ずご出席下さい。艇長会議に出席されない艇は出場取り消しとなります。ご注意ください。

その時に帆走指示書、レースコースの説明を行い、第三管区海上保安部から海上での安全について講演をしていただく予定です。

                                  スバルザカップヨットレース 実行委員会




↓↓↓  クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

by tyc-racing | 2011-06-26 20:09 | スバルザカップ
2011年 06月 22日

あのモナコヨットクラブのエリートセーラーがTYCに参戦。

「地中海の宝石」と呼ばれるモナコ公国。そのモナコヨットクラブの若きエリートセイラーが小島新会長の愛艇「Team10.Jr」に乗ってTYC第4戦に参戦してきた。
a0169728_5122075.jpg

名はRoy Lagers、31歳独身。モナコではJ24に乗りジブトリマーを務めている。
a0169728_595775.jpg

モナコヨットクラブではJ24はエリートセイラーの登竜門で、フリートも作られ毎月レースが盛んに行われている。ここをステップに世界のセイラーの育つことが多い。J24のクルーになるだけでも大変な競争があり本当の意味でのエリートだ。
a0169728_521669.gif

その名門の証でもあるモナコヨットクラブのメンバーカードももちろん彼は持っている。
身長は1.9mもあり、ハイクアウトをさせたらヒールモーメントで有利そうである。
モナコヨットクラブのURLは以下の通り。
 http://www.yacht-club-monaco.mc/
すばらしいクラブです。是非、覗いて見て下さい。

残念ながらTYC第4戦は風が無く、実力を発揮することは出来なかったが、東京湾でレースに参加できたことを非常に喜んでおり、また名誉に感じ、モナコヨットクラブにさっそくメールで報告すると言っていた。これをきっかけに名門モナコヨットクラブとTYCの交流が盛んになればこんな嬉しい事はない。
a0169728_5181862.jpg

彼の話によるとモナコも風の弱い日が多くあり、風は無いが波は大きくてベテランでも船酔する人がいるそうだ。

そしてTYC第四戦が行われた6月19日、クラブルームで小島新会長とTYCのバージ交換をした。
a0169728_5142826.jpg

Royは日本には9月まで滞在するのでTYC第6戦やスバルザカップも出場する。楽しみである。
大変フレンドリーで親しみやすく、誰からも好かれそうな彼と会いたければ夢の島に来るといい。
きっと世界と近くなれる。
a0169728_515143.jpg

またモナコヨットクラブは東日本大震災の被災地、宮城県の漁業協同組合関係者で震災によって孤児となった子供たちへ約400万円(3万5千ユーロ)の義援金を贈った。震災の実情を聞いたヨットクラブの幹部が、海に生きる漁師のために支援をしたいと思い立ったのがきっかけだそうだ。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110514/erp11051410470003-n1.htm

援助の手が世界のヨットクラブから届き始めている。


↓↓↓  クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

by tyc-racing | 2011-06-22 05:20 | レース委員会
2011年 06月 20日

第三回スバルザカップエントリー受付艇発表!

a0169728_8121196.gif

<第3回 SUBARU-ZA CUP CHARITY YACHT RACE TOKYO BAY OPEN 2011>のエントリー受け付け80艇を発表いたします。
6月15日の午前9時から受付を開始して、当日の12時15分に80艇に達し、締め切りとなりました。
*ファイルをクリックすると拡大します
a0169728_16301843.gif

訂正:No39の「馬耳東風Ⅱ」のホームポートは「夢の島」ではなく「深浦」です
a0169728_1638465.gif

a0169728_16213210.gif

◎上記の艇は実行委員会よりエントリーの完了通知が送られますので6月30日までに指定の口座に参加費の振り込みをお願いします。
なお、7月1日午前中までに振込の確認が取れない艇に関ては、参加取り消しとなりますのでご注意願います。

多くの艇がキャンセル待ちの登録をしています。81~85番目の5艇を明記します。

w-1・Forte            夢の島
w-2・アナザワン        江の島
w-3・Quatre HIRO       夢の島
w-4・CORAL SEA       夢の島
w-5・Friendry          夢の島

■6月26日1時より夢の島マリーナ2Fでスバルザカップコース講習会を開催します。
海ほたる回航のコース(航行禁止区域等)、ルールの解説、帆走指示書の説明等が内容です。

参加申し込みは

第3回SUBARU-ZA CUP CHARITY YACHT RACE
TOKYO BAY OPEN 2011実行委員会
 TEL . 03-5569-2710
 FAX . 03-5569-2711
info@subaru-za-cup.com

へ直接ご連絡ください。

第三回スバルザカップ実行委員会


↓↓↓  クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

by tyc-racing | 2011-06-20 08:46 | スバルザカップ
2011年 06月 15日

第三回スバルザカップにエントリーした方へ。重要なお知らせ。

a0169728_1912193.gif

<第3回 SUBARU-ZA CUP CHARITY YACHT RACE TOKYO BAY OPEN 2011> は、おかげさまで申し込み受付開始と同時に多数の艇の方から参加希望があり、瞬く間に80艇になって午後12時には締め切りとなってしまいました。
申し込みに間に合わなかった艇の方々には心よりお詫び申し上げます。

現在、実行委員会でエントリー艇の完了作業を行っていますので、エントリー艇の正式発表は
6月20日になりますので暫くお待ちください。

発表後、エントリー完了艇には実行委員会よりエントリー完了通知を郵送にてお送りいたします。
受け取り後は速やかにエントリーフィーを振り込み、エントリーを確定してください。
なお、「スバルザカップHP」・「TYC-Racing officialBlog」・「TYC-HP」でもエントリー完了艇を発表いたしますのでご注視ください。

ご面倒、お手数をおかけしますが宜しくお願いいたします。


第三回スバルザカップ 実行委員会



↓↓↓  クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

by tyc-racing | 2011-06-15 19:52 | スバルザカップ
2011年 06月 15日

第三回スバルザカップ締め切りました!

a0169728_12195089.gif


第3回 SUBARU-ZA CUP CHARITY YACHT RACE TOKYO BAY OPEN 2011 は、

6月15日午後12時15分 申し込み規定艇数80艇に達しましたので申し込みを締め切りました。
今後の申し込みは一切無効になりますので何卒ご了承願います。

多数の申し込みありがとうございました。

第三回スバルザカップ実行委員長 能登敬一 


↓↓↓  クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

by tyc-racing | 2011-06-15 12:35 | スバルザカップ
2011年 06月 13日

いよいよ15日9時から受付開始!

a0169728_192121100.gif

第三回スバルザカップの受け付けが15日午前9時より開始されます。
出場ご希望の方は下記番号へ必ずFAXで申し込んでください。 

申し込み先FAX番号:03-5569-2711

*FAX以外の申し込みは一切できませんのでご注意ください!

先着80艇で締め切られます。お早めにお申し込みください。


↓↓↓  クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

by TYC-Racing | 2011-06-13 19:34 | スバルザカップ
2011年 06月 07日

■ 第3回スバルザカップ募集艇数80艇は、受付先着順!

a0169728_1872372.gif

◎第3回スバルザカップ募集艇数80艇は、受付先着順と致します。

【申込受付期間】  

          2011年6月15日(水) 午前9時00分 
               ~ 
          2011年7月 4日(月)

  ※ 受付艇数が80艇となり次第受付終了とさせていただきます。


【募集艇数】  80艇 (受付先着順)

【申込方法】  FAX送信のみ (郵送および持込は受付不可) 

【FAX番号】  03-5569-2711  (東京夢の島マリーナ)

【FAXによる申込書類】

          ① 参加申込書 
               
          ② レーティング申告書

申込後、エントリーが認められた艇には、実行委員会より連絡をいたしますので、その後、指定の口座に参加費を振り込んで下さい。

尚、申込受付は6月15日の午前9時00分からとなり、受付先着順の日時記録がわかるようFXA送信のみによる受付となります。

受付時間前にFAX送信された場合や、東京夢の島マリーナへ郵送又は直接持ち込まれた場合は、すべて受付無効となりますのでご注意ください。

詳細は、第3回スバルザカップのホームページをご覧ください。

http://www.subaru-za-cup.com/
a0169728_18111085.jpg



↓↓↓  クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

by tyc-racing | 2011-06-07 18:08 | スバルザカップ
2011年 06月 07日

第3回スバルザカップ「レース公示の変更」

a0169728_17545080.gif


レース公示の変更

1)レースタイトルを下記の通りに変更する

第3回 SUBARU-ZA CUP 
CHARITY YACHT RACE 
TOKYO BAY OPEN 2011


2) 9.レース参加費とパーティー参加料の振込は以下のように訂正する。

9.1. レース参加費はエントリー完了後、実行委員会より連絡があり次第、下記の銀行口座に振り込み、振込済み証を張付けた①参加申込書と②レーティングフォームの原本を艇長会議に提出すること。
9.2. パーティー参加料(参加人数分) は、艇長会議までに下記の銀行口座に振り込み、振込済み証を張付けたパーティー参加人数表を夢の島マリーナにFAXし、原本を艇長会議に提出すること。 尚、エントリー費・パーティー費は返金できませんのでご了承下さい。
(荒天によるレース中止の場合も含む)


3)10.2.参加申込締め切りは以下のように訂正する

10.2. 申し込み受け付けは先着80艇で締め切る。

                                                   以上

  平成23年6月7日
                             レース委員長 市川 庸一




↓↓↓  クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

by tyc-racing | 2011-06-07 17:53 | スバルザカップ
2011年 06月 02日

スバルザカップ2011 申込書類

a0169728_16365248.gif

◎スバルザカップ2011の申込書類はスバルザカップホームページからダウンロードできます。

http://www.subaru-za-cup.com/
a0169728_15161532.jpg





↓↓↓  クリックお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ
にほんブログ村

by tyc-racing | 2011-06-02 15:17 | スバルザカップ